学校長あいさつ

学校長 森田 久樹

本校は、独立行政法人労働者健康安全機構が勤労者医療の実践ならびに地域の中核病院であることを目指して全国に展開している労災病院での看護師育成を目的として、1960年に設立されました。卒業生は大阪労災病院をはじめとした各地の労災病院のほか、地域医療、保健、介護など多くの分野で活躍しています。

看護実習を受ける大阪労災病院は全国労災病院の中でもリーディングホスピタルの一つで、最先端の医療設備・医療技術と大阪でも有数の医療スタッフが集う病院として優れた医療実績を誇り、地域の皆さまから大きな信頼と高い評価を得ています。学んでいるのは看護学生にとどまらず、研修医や医学部学生、薬剤師、放射線技師、理学療法士、検査技師、臨床工学技士、救命救急士など多くの医療職がお互いに切磋琢磨しながら実習を受け巣立っています。

今、私たち医療に携わるものに最も求められているのは深い「思いやりの心」です。本校は、看護の知識や技術はもちろんですが、患者さまの目線に立ち、命に対する尊厳を持った豊かな人間性を培い、生涯にわたって成長できる人材となることを教育理念として教育に努めております。

本校での学びの中で、多様化・高度化する医療における専門職業人としての礎とともに、多くの人々・仲間との交わりを通じ「思いやり」や「和―協調」の心をしっかりと身につけて行かれることを心より希望します。

ページのトップへ↑