|一般入学試験|学校長(指定校)推薦入学試験自己推薦入学試験社会人入学試験
←募集要項トップへ戻る

募集要項:一般入学試験

受験資格

  • 高等学校・中等教育学校を卒業又は平成30年3月卒業見込みの方
  • 学校教育法施行規則第150条の規程により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者

募集人員

80名(推薦入試者も含む)

出願書類

入学志願書1通 当校所定のもの
入学願書記入例(PDF:159KB)
高等学校卒業
(見込み)
証明書1通
*卒業見込みの者で、調査書に卒業見込みが記載されている場合は調査書に代えることができます。
最終学歴
(見込み)
証明書1通
(大学・短大・
専門学校等)
※該当者のみ
調査書1通 高等学校の調査書(出身高等学校長が証明し、厳封したもの)
*高等学校卒業後5年以上の者で、出身校で調査書の提出が困難な場合は、成績証明書又はその旨を証する書類を提出して下さい。
(大学や短期大学を卒業されている方も出身高校の調査書が必要です)
受験票1通
当校所定のもの
3ヶ月以内に撮影した写真を貼付して下さい。
振込受取書1通 当校指定のもので取扱銀行印があるものを受験票のうらに貼付して下さい。(ATMの明細書でも可)
受験票送付用
封筒1通
当校所定のものに402円切手を貼り、郵便番号、住所、氏名を記入して下さい。
合格通知用
封筒1通
切手は不要です。
郵便番号、住所、氏名を記入して下さい。

受験料

10,400円 (願書受付期間内にお振り込み下さい)
当校指定の払込用紙で下記口座までお振り込み下さい。
*必ず受験者名でお振り込み下さい。
  受取書は必ず受験票に貼付して下さい。 (ATMの証明書でも可)
<振込先銀行>
(銀行名)りそな銀行 (支店名)堺支店 (口座番号)普通0218107
(口座名義)大阪労災看護専門学校 現金出納役

試験会場

労働者健康安全機構 大阪労災看護専門学校 →交通アクセスはこちら
〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1180番地15

願書受付場所

労働者健康安全機構 大阪労災看護専門学校 →交通アクセスはこちら
〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町1180番地15
電話番号:072(252)2725

願書受付日

平成29年12月1日(金)~平成30年1月5日(金)

出願手続上の注意事項

  • 郵送の場合は、当校指定の封筒(大封筒)を使用のうえ、書留郵便として下さい。
    郵送の場合は、最終期日の消印まで有効です。
  • 直接持参の場合の受付時間は、下記のとおりです。
    月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:00まで
  • 書類に不備がある場合は受付できません。
  • 受理した入学志願書等関係書類および受験料は、理由の如何に関わらずお返し出来ません。
  • 合否に関する問合わせには一切応じられません。

試験期日

一次試験(学科試験) 平成30年1月18日(木)
二次試験(面接試験) 平成30年1月19日(金)

選考方法

一次試験 【学科試験】
・国語総合(古文、漢文を除く)
・数学I・数学A(場合の数と確率)
・コミュニケーション英語I・II
二次試験 面接試験

合格発表

1)一次試験

平成30年1月18日(木)

午後5時~午後6時 当校玄関前に提示
午後5時~午後8時 当校のホームページ
http://www.or-kango.jp/ ) の「更新情報」で掲載

1)二次試験

平成30年1月26日(金) 本人宛郵送にて通知(当日発送)

午前9時30分~午前10時15分 当校玄関前に提示
午前9時30分~午後5時 当校のホームページ
http://www.or-kango.jp/ ) の「更新情報」で掲載

入学手続締切

平成30年2月2日(金)
※入学金を納付された後の辞退については入学金は返還しませんのでご了承下さい。

奨学金等について

1)労災病院の奨学金制度

入学生は、原則として希望する労災病院(奨学支給病院)の奨学生となり、卒業後、奨学金支給病院に勤務することができます。
また、修学期間中、奨学金支給病院から授業料相当額の奨学金が貸与され、卒業後、看護師として3年間勤務した場合、奨学金の返還は免除されます。
なお、奨学金支給後も事情により、他の病院へ変更となる場合があります。

2)日本学生支援機構による奨学金の申請も取り扱っております。

3) 教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の指定校です。

修学諸経費

  初年度 2年次以降
入学金
(入学金を納付された後の辞退については、
入学金は返還しませんのでご了承下さい)
180,000円
-
授業料(3期に分けて納付となります)
340,000円
教科書等
約150,000円
約50,000円
被服費
約40,000円
-
教材費
15,000円
15,000円

その他(健康診断費用、学生保険、宿泊研修費、
実習費、実習先交通費、HBワクチン、検査等)

約150,000円

※入学金・授業料の金額は25年度実績です。
※学生寮(女子寮)に入寮される方は、寮費・施設維持費は月額15,344円年額184,128円です。
※光熱水費、食費は別途かかります。
※なお、学生寮の貸与規程は、国家公務員の宿舎貸与規程を準用していますので、当該宿舎貸与規程の改正の都度、当校の寮費・施設維持費の見直しも行われております。今後、国家公務員の宿舎貸与規程の改正が行われる可能性もありますので、併せて現行の寮費が改正される可能性もありますこと申し添えさせていただきます。

複数校併願

複数校併願制について

「複数校」とは、全国の労災看護専門学校グループのことで、受験する第一希望の労災看護専門学校以外のグループ校を、複数校(第三希望まで)併願することができる制度です。
第一希望の受験校に不合格になった場合でも、グループ基準(非公開)を満たし、二次試験の面接に合格すれば、複数校併願制に登録され、第二第三希望の併願校に欠員が生じれば、その併願校に入学資格を得ることができます。

希望の有無・希望校の選択は願書で行ってください。

  • 受験料は受験校に1度納入するのみで変わりません。
    また、グループ内のどこに入学されても、入学金、授業料は同じです。
  • この制度の利用の有無等が、第一希望校の試験評価に影響は一切ございません。
  • 入学資格取得の連絡を受けた際に、断ることも可能です。
  • 第二希望校の合格発表日:平成30年1月26日(金)
    第三希望校の合格発表日:平成30年1月30日(火)

個人情報保護の取扱について

当校は、上記の書類(出願書類)にて取得した個人情報を以下の目的で使用します。

  • 入学試験における合否判定
  • 受験準備及び総計のための資料
  • 入学試験に付随する連絡、調整作業

また、当校が取得した個人情報は「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」及び当機構の個人情報保護規定に基づいて管理され、目的以外の使用及び第三者への情報提供は行われません。

ページのトップへ↑