大阪労災看護専門学校について

学校長あいさつ

学校長 大橋 誠

本校は、1960年に独立行政法人労働者健康安全機構が勤労者医療の実践ならびに地域の中核病院であることを目指して全国に展開している労災病院での看護師育成を目的として、設立されました。卒業生は大阪労災病院をはじめとした各地の労災病院のほか、地域医療、保健、介護など多くの分野で、臨床・教育・研究の各方面で活躍しています。

看護実習を受ける大阪労災病院は全国労災病院の中でもリーディングホスピタルの一つで、最先端の医療設備・医療技術と大阪でも有数の医療スタッフが集う病院として優れた医療実績を誇り、地域の皆さまから大きな信頼と高い評価を得ています。優秀な専門職集団によるチーム医療のもと、働く人々の健康を守るために、 予防をはじめ治療から職場復帰まで一貫した医療を展開しています。

 看護の専門職として知識・技術・態度の修得だけではなく、"相手を思いやる心"を大切にして、豊かな感性を養い、人々とのコミュニケーションを図ることが大切です。患者さまの目線に立ち、命に対する尊厳を持った豊かな人間性を培い、生涯にわたって成長できる人材を育てることを教育理念として教育に努めております。

 本校での学びの中で、多様化・高度化する医療における専門職業人としての基礎を築くと共に、看護の役割と機能を理解し、主体的に思考・行動する能力を身に付け、より良い対人関係を築く能力を養い、「思いやり」の心をしっかりと身につけて行かれることを心より希望します。

ページのトップへ↑